法人を設立したときに意外と悩むのが決算月をいつにするか、ということです。

決算月は必ず3月と思っている人もいるようですが、法人の決算月は何月でも自由に決められます。

 

決算月について、アドバイスさせて頂くのが次の3点です!

1.決算月を繁忙期にしない。                                                                                                                                                                      決算月を繁忙期にすると想定外の売上があがり、思いもよらない税負担をすることがあります。また、決算業務は様々なので本業に影響を及ぼしかねません。

2.消費税の免税期間を考慮する。

先日3月初旬設立で3月決算というのがありました。 このケースでは免税期間は1年1か月になる場合があります。   中小企業の場合、2事業年度は消費税を納めなくて済みます。(資本金が1000万円以上の場合、特定期間の課税売上高が1000万円超の場合を除きます。)この期間が長くなるように設定すると良いでしょう。(etc. 1月設立の場合は12月決算のように)

3.資金繰りを考える。

決算月の2か月後が申告月及び税金の納付期限になります。(etc.5月決算の場合は7月申告)。賞与を支給する法人などは、賞与支給月と税金納付月が重ならないようにしたほうが良いでしょう、(etc.7月が賞与なら5月決算は避ける)。

 

他にも補助金の関係とかグループ会社、取引先の決算月など考慮する点はあると思いますが、上記3点はおさえて頂きたいです。

会社設立、法人化のご相談・ご依頼は、横浜市神奈川区の税理士ウィズグロース会計事務所にお任せ下さい!
横浜以外の地域からもご依頼を頂いております。相談料は無料で対応しています。

btncontents_mail