決算申告における決算整理で代表的なものとして減価償却があります。

減価償却とはどういうことなのでしょうか?

 

減価償却とは

減価償却とは高額で、長期にわたって利用できるものを数年、数十年にわたって少しずつ経費として計上する仕組みをいいます。

つまり、その事業年度に新たに150万円のガス設備(建物附属設備)を設置しても全額を経費にすることができないということです。この場合は、減価償却として15年にわたって少しずつ経費処理することになります。

具体的に何年で償却していくかは、あらかじめ細目ごとに「法定耐用年数」を定めています。ガス設備の場合は15年で償却していきましたが、パソコンであれば4年と定められています。

少額減価償却資産の特例

また、高額とはどれくらいの金額からいうのでしょうか?

青色申告者の場合は、30万未満のものであれば一括でその事業年度の経費にすることが可能です。ただし、この特例の合計限度額は300万円ですので注意が必要です。また、この特例の対象は、平成30年3月31日までの間に取得したものに限られます。

 

(注)10万円以上20万円未満と20万以上30万円未満の場合は計上方法を選択することができますが説明は次回以降にいたします。

 

 

償却方法の改正

先程ご紹介しました建物附属設備などの減価償却方法について改正がありましたのでご紹介いたします。

 

平成28年3月31日取得分までについては、以下の償却方法でした。

建物、無形固定資産・・・定額法

建物附属設備、構築物、機械装置、工具器具備品、車両運搬具、船舶、航空機

・・・定率法or定額法

 

平成28年度税制改正により、建物附属設備および構築物の償却限度額について、定率法が廃止されることになりました。平成28年4月1日以後に取得する建物附属設備および構築物については定額法のみが認められることになります。

 

建物附属設備・・・電気設備、給排水、ガス設備、昇降機設備、ボイラーなど建物と一体となって機能を発揮する附属設備をいいます。

 

構築物・・・舗装道路、路面、緑化設備、庭園など土地の上に定着した建造物などをいいます。

 

ただ、個人事業主の場合は基本的には定額法で計算しますのでご注意ください。

 

 

会社設立、決算申告、創業融資、法人成りなどのご相談・ご依頼は、横浜市神奈川区の税理士ウィズグロース会計事務所にお任せ下さい!横浜市以外からも多数ご依頼をいただいております。相談料は無料で対応しています。

btncontents_mail