横浜での創業サポート、決算申告、税理士ならウィズグロース会計事務所にお任せください!

ブログ

個人事業から法人成りした場合のメリット 給与所得控除

先日、法人成りを検討したいという横浜の個人事業主のお客様から、法人成りとの税額比較のご依頼を受けました。 下記の例の法人成りですと、法人成りの方が税額が1,652,000円有利になります。 この主な有利な理由として「給与 …

法人成りした場合に忘れがちな経費計上

法人成りをした場合に最も忘れやすい経費と思われる個人事業税の見込み控除について確認していきたいのですが、その前に個人事業税について触れておきましょう。   個人事業税の概要 個人事業税は事業主すべてに課税される …

外国人従業員への給与支払い時の所得税の注意点

外国人従業員へ給与を支払った場合、「居住者」か「非居住者」のいずれに該当するかによって、所得税の計算方法が異なります。 今回は外国人従業員への給与支払い時の注意点を説明させて頂きます。 ① 「居住者」・「非居住者」の判定 …

医療費控除で間違いやすい点

高額療養費の支給申請(事後に手続きをする場合)   医療費の支払いが高額な負担となった場合は、あとから申請することにより自己負担限度額を超えた額が払いもどされる「高額療養費」があります。   自己負担 …

領収書に必要な印紙税の基礎知識

印紙税が課税される領収書や、金銭又は有価証券の受取書は、印紙税額一覧表の第17号文書に該当するか否かによって決まります。ここでは領収書等の印紙税の基礎知識を紹介します。 ① 受取書とは? 受取書とは、金銭等を受け取った事 …

契約書等の印紙税 貼る場合 貼らない場合 Vol.2

不動産売買契約書、工事請負契約書などの契約書は、印紙税法上の課税文書に該当し定められた金額の収入印紙を貼る必要があります。 領収書等の印紙税同様、印紙を「貼る」、「貼らない」間違いやすい事例をいくつか紹介します。 ① 「 …

領収書等の印紙税 貼る場合 貼らない場合

5万円以上の領収書には、記載金額に応じた収入印紙を貼る必要があります。 今回は、印紙を「貼る」、「貼らない」間違いやすい事例をいくつか紹介します。   ① Web上で発行する領収書 印紙税は紙の文書に課税される …

給与計算に必要な控除されるものとは?

給与計算する上で、給与額をそのまま支払うわけではありません。 ① 会社から支給されるお金の総額である「額面金額」→ 基本給+残業代など ② 給与から天引きされる「控除額」→「所得税」、「社会保険料」、「住民税」など ③ …

社葬を税務署に否認されない為には

先日、横浜市磯子区にある顧問先様から社葬に関してご質問を頂きました。 創業者であり、会社の基礎を築いた功労者である会長が亡くなってしまってしまい社葬を検討しているとのことでした。 本来、葬儀は個人の行事であるというのが通 …

会社と社長との貸し借りに注意

先日、横浜市保土ヶ谷区の法人様から社長が所有する建物を会社に貸した場合についてのご質問を頂きました。 中小企業では、会社と社長個人との間で、事務所や金銭などを貸し借りしているケースがあります。このような場合、税務調査で指 …

« 1 2 3 4 5 »
PAGETOP
Copyright © ウィズグロース会計事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.