横浜での創業サポート、決算申告、税理士ならウィズグロース会計事務所にお任せください!

決算・税務申告サポート

低価格で税理士による算書作成~法人税申告代行致します。

設立3期目以内の会社様限定プラン

当事務所ではお客様の状況に応じて以下の3つのプランをご用意しております。

(税別)

申告書作成
サポート
申告
サポート
丸投
サポート
料金 79,800円~ 149,800円~ 198,000円~
経理データの入力 × ×
領収書類の整理 × ×
総勘定元帳の作成 ×
経理データのチェック ×
経理データの修正 ×
決算書の作成 ×
法人税申告書の作成
地方税申告書の作成
事業概況書の作成
税務代理権限証書の作成
申告書の提出
申請書・届出書のチェック

※1 消費税申告が必要な場合は別途料金(30,000円~)が発生します。

決算処理のための必要書類

決算処理のための必要書類一覧です。新設会社など会社によっては、必要ない書類もありますし、決算処理をしていく上で他にも必要な書類は出てきます。
また、前期以前の処理が正しく行われていない場合は、前期以前の資料についても確認させていただく場合がありますので、ご了承ください。

  • 現金出納帳
  • 領収書
  • 預金通帳
  • 当座勘定照合表
  • 売上、仕入の請求書(売上帳、仕入帳)
  • 在庫表
  • 給与台帳
  • 賃貸借契約書等の契約書一式
  • 借入返済予定表
  • 過去3期分の確定申告書一式
  • 前期の総勘定元帳
  • 税務署等への届出書
  • 謄本
  • 定款
  • その他の書類

創業支援割引

会社を設立された新設法人で月次顧問契約された場合は、月額顧問料より15,000円/月を最長4ヶ月まで割引致します。

 

節税相談

個人事業主から法人成りをする場合など、個人事業の時はできなかった節税方法が可能になるなど、あらゆる面で選択肢は広がります。利益をあげても、無駄に税金が掛かってしまっては勿体ないので、効率的に節税を行う方法をご提案致します。

 

いつまでに申告するの?(確定申告期限)
決算は、会社を経営していれば、避けてはとおれません。
原則、確定申告期限は法人税、消費税、地方税ともに事業年度終了の日の翌日から2ヵ月以内となっております。
納税の納期限も確定申告期限と同じで事業年度終了の日の翌日から2ヵ月以内です。
赤字でも申告しないとダメですか?
翌期に赤字を繰り越すためには、確定申告が必要になります。青色申告の届出をした上で確定申告をしておけば、翌期以降利益が出た時に、前期の赤字と相殺できます。
2期連続で無申告の場合や、期限後申告の場合は、青色申告の取消事由となります。

時間も労力も大幅に掛かる経理事務、しかし健全な会社運営においては最も重要な業務の一つであり、決しておろそかにする事はできない部分です。経理代行、決算対策、試算表作成、経理コンサルまで対応可能です。

経理オプション

経理代行(アウトソーシング)

経理業務を自社内で行わず、アウトソース化する企業が近年増加してきています。その理由はシンプルで、効率的だからだと言われています。
「経理」と一言で言っても、給与計算のみならず、会社の売上収入の確認、入出金、請求書の整理まとめ、融資に関するやり取りなど多岐に渡ります。
これらの手間と人件費は大きく、外注化することで得られるメリットははかり知れません。

経理コンサル

経理に関しては自社の担当部署でやっているから大丈夫、というようなご意見の経営者様もいらっしゃいますが、実際コンサルをさせて頂くと、これまで見つかっていなかったポイントが炙り出されてくる事は多々あります。税理士など税金対策のエキスパートによるコンサルティングを受けたことのない企業様においては、是非一度、経理コンサルを受けてみる事をお勧めします。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 045-620-6456 平日夕方・土日も無料相談可能

PAGETOP
Copyright © ウィズグロース会計事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.